青汁で便秘解消できる?

頑固な便秘に悩んでいる人は、意外と多いのではないでしょうか。
便秘は体内に有毒物質を取り込んでしまううえ、基礎代謝を下げて太る原因を作ってしまいます。
そんな便秘の解消に役立ってくれそうなのが、青汁なのです。

なぜ青汁は便秘解消に効果があるのか

青汁は明日葉や大麦若葉、ケールなど、植物由来の飲み物です。
このため、食物繊維が多く含まれています。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、いずれも便秘解消効果があるのです。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、消化器内では水に溶けてゲル状になります。
これによって便が軟らかくなり、便秘解消に役立ってくれるのです。
硬い便は肛門付近でコルク栓のようになり、排便の障害になる可能性があります。
これを防いでくれるというわけです。
また、腸内に悪玉菌が多いと腸の機能が低下し、便秘になりやすくなります。
腸の機能を高めるためには善玉菌の働きを高める必要がありますが、この善玉菌の餌になってくれるのが水溶性食物繊維なのです。
水溶性食物繊維によって善玉菌が増えれば、悪玉菌を退治することで腸内環境が良化し、腸の働きが活発になって便秘解消につながるのです。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は消化器内では水を吸って膨張しますが、このときに腸が刺激されます。
刺激によって腸が活発に動くようになれば中の食べ物が滞留しにくくなり、便秘解消効果につながってくれるのです。
また、善玉菌が悪玉菌を退治した後でも、悪玉菌が出した毒素は残っています。
不溶性食物繊維はこの毒素を吸着して腸内を掃除してくれるのです。
これによって善玉菌が活動しやすい環境を作り、便秘解消につなげているのです。

食物繊維は、水溶性と不溶性の片方だけを摂取すればいいというものではありません。
どちらかに偏って摂取していると、かえって便秘を悪化させてしまうこともあるくらいです。
両方がバランス良く含まれていますので、青汁で便秘解消効果が発揮できるのです。
青汁で健康生活はじめてみませんか。