青汁効果でコレステロール値が下がる

血中のコレステロール値が高すぎると、血管内部にたまって動脈硬化の原因となります。
動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞など、命のかかわる病気の原因となりますので、いかにしてコレステロール値を下げるかが重要になります。
そのコレステロール値を下げてくれるのが青汁なのです。

なぜ青汁がコレステロール値を下げてくれるのか

青汁がコレステロール値を下げてくれるのは、2つの成分が多く含まれているからです。
コレステロールが体に吸収されるのを妨げてくれる水溶性食物繊維と、コレステロールを体外に排出してくれるビタミンCです。
それぞれ、どのような働きをしているのでしょうか。

1.水溶性食物繊維がコレステロールの吸収を妨げる

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類があります。
水溶性の方は消化器内部でゲルのようになり、食べ物を包む働きがあります。
これがコレステロールの吸収を妨げる働きをしているのです。
消化器での吸収量が落ちれば体内のコレステロールが減少し、血中のコレステロール値も低下してくれるのです。
つまり、水溶性食物繊維は摂取量を減らすことでコレステロール値を下げているのです。

2.ビタミンCがコレステロールを体外に排出する

これに対して、ビタミンCは体外に排出することでコレステロールの量を減らしているのです。
胆汁には胆汁酸が含まれており、脂肪の吸収を助ける働きを持っています。
ビタミンCはこの胆汁酸の生成を助ける働きを持っています。
こう書くと、かえってコレステロールの吸収率が高くなってしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実は胆汁酸はコレステロールから作られているのです。
胆汁酸の生成量が増えればコレステロールが消費されますし、胆汁酸はそのまま体外に排出されますので、体内のコレステロール値の減少につながるというわけです。

青汁に含まれている栄養素は、コレステロール値の低下に役立っているのです。
あなたも動脈硬化になる前に、青汁を飲む習慣を身につけてみませんか。
青汁を飲むのが、どうしても苦手という方には飲みやすいサプリメントタイプの青汁がおすすめです。