冬に飲みたい温かい青汁

冬場は気温が低いので、冷たい青汁を飲むとよけいに体が冷えてしまいますよね。
そんなあなたにオススメしたいのが、温かい青汁です。

青汁を温めることのメリット

実は青汁は、体を冷やしてしまう飲み物なのです。
青汁にはカリウムが含まれており、摂取すると体温が一時的に下がってしまうためです。
これは利尿作用があり、尿と一緒に熱が体外に出てしまうためです。
また、青汁の温度が低いと胃腸に負担がかかり、含まれている栄養素の吸収率が下がってしまいます。
温度を上げることで吸収率が上がるのも、温かい青汁のメリットといっていいでしょう。

青汁を温める時の注意点

ただ、青汁を温めるときに気をつけてほしいことがあります。
それは、青汁には熱に弱い栄養素が含まれている可能性があるからです。
主なものとしては、ビタミンB群やCなどの水溶性ビタミン、カリウムが熱に弱いとされています。
また、酵素はタンパク質なので、熱を加えると変質してしまいます。
逆にβカロテンやビタミンE、カリウム以外のミネラルは熱に強いので、こうした心配は必要ありません。
青汁には加熱処理型と非加熱処理型があり、後者には熱に弱い栄養素が多く含まれています。
このため、前者は温めても心配ありませんが、後者は温めるときには注意が必要になってきます。

40度ぐらいならば心配なし

ただ、熱に弱いといってもちょっと温めたぐらいで壊れるというわけではありません。
ぬるま湯レベルならば、ほとんど心配はないのです。
例えばビタミンCの場合、100度のお湯の中に3時間入れていても、壊れてしまうのは1割程度です。
また、最も熱に弱いとされている酵素も、変質してしまうのは50度を超えてからです。
温かい青汁を作るときには、非加熱処理型であっても、40度ぐらいならば栄養素が壊れてしまう心配はないのです。
温かい青汁を作るときには、ぬるま湯に溶かすようにすればちゃんと栄養素を摂取できるというわけです。