青汁はお湯で溶かしても大丈夫なの

青汁にはビタミンをはじめ、いろいろな栄養素が含まれています。
ただ、ビタミンには熱に弱いものもあるため、お湯で溶かしても問題がないのかどうかについては気になるところです。

青汁には加熱処理型と非加熱処理型がある

実は青汁の製法は、大きく分けて2種類あります。
加熱処理型と非加熱処理型です。
青汁を作る際には野菜を乾燥させて粉末にしなければなりませんが、このときに熱を加えるものが加熱処理型、フリーズドライ製法など熱を加えない方法を取るものが非加熱処理型です。
では、どちらが含まれている栄養素が多いかというと、非加熱処理型の方です。
加熱処理型は製造段階で熱に弱い成分が壊れてしまうため、そうした成分は非加熱処理型にしか残っていないからです。

加熱処理型なら特に問題はない

加熱処理型の青汁の場合、お湯で溶かしても問題はないといっていいでしょう。
なぜなら、お湯の温度で壊れるような栄養素は、製造段階ですでに壊れてしまっており、含まれていないからです。
ただ、βカロチンやビタミンE、ミネラルの大半、食物繊維といった熱に強い成分はちゃんと残っていますので、そうした成分の摂取が目的ならば、それほど気にすることはないでしょう。
問題は、野菜を粉末化した後に熱に弱い成分を加えているような製品です。
お湯に後から加えた成分が壊れてしまう可能性があるため、注意が必要になります。

非加熱処理型はオススメできない

非加熱処理型は、当然のことながらお湯で溶かすことはオススメできません。
熱によって壊れてしまう可能性が高い栄養素が含まれているためです。
具体的にはビタミンB群やCのような、水溶性ビタミンは熱に弱いとされています。
ミネラルの中でもカリウムは熱が苦手です。
また、酵素はタンパク質なので熱によって変質してしまいます。
ただ、これらの成分のうち最も熱に弱いとされている酵素でも、50度以上でなければ変質しないとされています。
ビタミンCに至っては、100度で3時間熱しても、10%程度しか壊れなかったというデータもあります。
40度ぐらいのお湯を使うならば、あまり問題はないのではないでしょうか。
簡単な青汁スープなど作って青汁をおいしく摂取してみませんか。