人力車のパワー

人力車に乗るには

テレビなどで見ていて、人力車に乗るにはどのようにしてみたらよいのかと考える人は少なくないでしょう。では、どういう場所を見てみると良いのでしょうか。
それは、歴史的な街並みがあるところへと行ってみるのが一番です。具体的に言うと、京都あたりになります。人力車は、人が引いて進む車なので、自動車ほどスピードが速くないので、乗り物に酔いやすい人でも、程度にもよりますが、乗りやすく感じるのではないでしょうか。人の目線よりもやや高いところで、歴史的な街並みを眺めながら目的地へと辿り付くことができるようになるので、趣深さが感じられることでしょう。
こうした人力車がどういった場所で営業しているのかということを知るには、旅行のガイドブックを参考にしておくと良いです。自分がどのタイミングで利用してみたいのかというのを事前に考えてくと、旅行当日などに、スムーズに利用することができるようになるのです。
これらのことに気を付けた上で、人力車を利用するようにしておきましょう。もし、わからない点があれば、ガイドブックなどを調べてみるか、旅行慣れをしている友人などに詳しい情報を聞き出すようにしてみると、後悔するようなことはないでしょう。

観光地の名物・人力車の豆知識

京都や江ノ島・箱根など日本の昔ながらの風景が楽しめる地でよく見かけ、利用することのできる人力車。古くは明治から大正時代にかけて、徒歩よりも速度の面で有利な移動手段として用いられた、人を輸送する車です。たまに略した名称で呼ばれることがあり、「人力」もしくは「力車」とも呼ばれます。ちなみに、ひき手のことを「俥夫(しゃふ)」「車夫(しゃふ)」もしくは「車力(しゃりき)」と呼びます。
人力車の歴史は古く、明治初期・1868年頃であると言われています。発明者は、和泉要助・高山幸助・鈴木徳次郎と伝えられており、上京した際東京で見た馬車から発想を得て発明したとされています。
現代の人力車の使用用途は、主に観光地での遊覧目的で使われるものが主な用途です。観光名所を巡るコースがあり、俥夫が観光ガイドとして解説してくれるものが一般的です。観光地での利用の起源は古都・京都や鎌倉といった雅な街並みが残る観光地、浅草などの下町でした。その後、次第に静岡・伊豆・四国道後といった温泉地などの有名観光地へと広がっていきました。現在では、北海道小樽市・浅草雷門・埼玉県川越市・千葉県成田市・鎌倉・横浜中華街・伊豆伊東・掛川市・松崎町・岐阜県高山市・郡上八幡・京都嵐山・奈良公園・松山道後温泉・門司港・湯布院などで利用することができます。